ねこから目線。様からのクラファンインタビュー(トナリノサービス一部公開)

こんにちは!ドイツ仕込みの動物自然療法士・ティアハイルプラクティカーの野原です。

クラウドファンディングも残すところあと10日!!
目標達成まであと10万円ほどとなりました。


最初は「本当に私なんかに支援なんて集まるのだろうか?」と思っていましたが、いざ挑戦してみると実に多くの方々から反響があり、皆さんいろんな形でご支援してくださいました。

それらが私の気持ちを支え、「新しいサービスを生み出すんだよ!」と自信を持って言えるようになりました。
本当にありがとうございます✨

目次

猫から目線。様クラファンインタビュー

【タイトル】
気軽に相談できるあなたのトナリノ専門家

さて、今日はいつも応援してくださっているこから目線の小池ちゃんより、私のクラファンに関するインタビューをして頂きました!


小池ちゃんはクラファンに応援コメントもして頂いた方です。
応援コメント詳細ページ

ご縁とタイミングの大切さ

インタビューにある通り、小池ちゃんとはもう7年くらいお知り合いみたいです。
というのも、たぶんこの7年の間からんだ回数は正直そんなに多くない(笑)

それでも、学生の頃から小池ちゃんは猪突猛進というか、すごくまっすぐで行動力のある方だったので、常にメディア等に取り上げられたりしていたので、いつもSNSで拝見して良い影響を受けていました。

本当にたまぁ~~~に「会いましょか!」ってなる程度だったのですが、去年とある案件で小池ちゃんがSNSでヘルプを求めていたとき、「できるよ!」という返事じゃないにも関わらずダイレクトメッセージしたんですよね、私。

いつもなら「できないから連絡はやめとこう」となるところ、できなくてもメールしたのは、偶然ではなく必然のことだったのかもしれません。

そこからあれよあれよと今の職場へご縁を繋げて頂き、こうして野良猫さんと向き合うお仕事をするようになりました。
「ご縁」だったり「タイミング」だったり、若い頃はあんまりピンとこなかったけど、今はすごく分かります。

そしてそこに行きつくまで通ってきた、経験しなくてもよかったんじゃないかと思うようなことやあまりいい思い出じゃないこと。
それも経験したからこそ、今自分のご縁に素直に感謝することができているのだと感じています。

いろんな道を通っていろいろ経験するとなかなかおもしろいかも!

トナリノの一部チャットを公開!(インタビュー内)

インタビューの中では、実際に小池ちゃんがLINEを使ってトナリノサービスを体験してくれた内容も載っています。

「トナリノって結局どういうサービス?」
「どういうやりとりをするの?」

という疑問を持たれている方が多いようですが、正直私も「こうこうこんなものです!」とは提示できません。
だって、トナリノは今から私と会員さんで作り上げていくサービスなのですから。

そうと言うものの、なかなかブラックボックスなサービスには手は出せませんよね(笑)
ということで、トナリノでのやりとりを少しだけ、インタビュー中で紹介させて頂くこととなったわけです。

これをご覧になって少しでもイメージして頂けると嬉しいです!

皆さん是非とも、引き続きご協力の程宜しくお願い致します✨

本日もご訪問頂きありがとうございました!

よかったらシェアしてください
目次
閉じる